十七歳の秋

   誰かが過ごしたかつての時間
   わたしが過ごす昨日と今日と
   闇の向こうの遙かな明日

   愛おしくて寂しくて哀しくて
   黄昏と木枯らしに凍えていれば慰められた

f:id:Snowowl:20121018165154j:plain