Good bye


風が運んでゆくだろう
わたし自身さえ

だから寂しがらなくていい

初秋の海で帆を立てて
一人ここから旅立とう

遠い遠い空の下
遙か彼方の海原で

いつか君に会えるだろうか