逢魔時

     宵闇の金粉に抱かれて
     ひたすら君を追いかけよう

     松の梢も
     軒下の口づけも

     溶けてゆく
     消えてゆく

f:id:Snowowl:20130223100111j:plain