Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

六月の雪

六月の雪 記憶庫です。 記録庫 → http://d.hatena.ne.jp/Snowowl/

2014/06/30 23:07:11

雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ
雷神の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば
 
DSC09820.JPG
 
 

人間なんてみんな少しずつおかしいのよ。
私まだ大丈夫なのかな。
27歳の私は15歳の私より少しも賢くない。
今まで生きてきて今が一番幸せかもしれない。

 
六月ともお別れだから,今夜は一人でこれを見た。
これは一人で見たい。一人で見なければならない。
水無月が去る夜にそんな時間が与えられたことに感謝しよう。
 
雨は人の心を内へ内へと向かわせる。
五月雨の季節は心の向こう側と対話する季節なのかもしれない。
夢を未来を願いを。そして挫折を。認めたくない醜さを。
同じように雨が降る幾許の季節を違う方法で生きてきたことを。
 
「今まで生きてきて今が一番幸せかも」という自覚は、
この瞬間にしか存在しない幸せだと知っている者にとって、
どれほど貴重かつ残酷なものであることか。
更に残酷なことに、人生はその積み重ねで成立している。
 
27歳の私は15歳の私より確かに賢くなかった。
50歳の私も、おそらく70歳の私も、
諦めをより深く知っただけで、決して賢くなんてなってない。
悲しいほど、呆れるほど、感心するほど、変わらない。
永遠に賢くなれないし、永遠に蒼い時代を彷徨う心に翻弄される。
上手に泳げばそうならずに済むのか、
それとも誰しも彷徨い続けるものなのか。
いや、結局落ち着き場所なんてわたし自身が欲していない。
だから彷徨っている。それだけのことなのかもしれない。
 
何もかも夢。何もかもひとときのあやかし。
だけど忘れない。
空の色が変わっても、使うパソコンが変わっても。
 

Remove all ads

instagram